こころとからだのホームドクターとして

 福田クリニックはつくば市内の精神科・心療内科専門のクリニックです。ストレス関連障害が増加した現代のニーズに積極的に応えていくことを目指しています。こころとからだのホームドクターとして、どなたでも気楽にご利用いただける診療所です。

 

 当クリニックは予約制となっております。初診の際はお電話からご予約のお申し込みをお願いします。

 

福田クリニックは働く人のうつ病問題に取り組みます

 1994年の開業以来、当クリニックは多くの方にご利用いただいてまいりました。その後約20年を経て、社会環境や労働環境は大きく変化しました。ことに最近はうつ病や自殺予防の対策に国を挙げて取り組む必要性が叫ばれています。これらの変化に対応して当クリニックも働く人のうつ病問題に積極的に取り組みます。

 

うつ病とその治療をめぐる いま

 最近のうつ病は心身の疲労から起きるものがほとんどです。はじめは身体の症状から出てきます。頭痛や頭重・体が異常にだるい・疲れやすい・食欲が落ちる・寝つきが悪い・寝ても疲れがとれない・熟眠感がない。これらは検査を受けても異常が見つかるものではありません。やがて、新聞を読む気になれない・イライラしやすい・何事もおっくうに感じる・仕事の能率が落ちる・頭の回転が鈍くなる・取り越し苦労が多くなる・人目が気になるようになる・不安で沈んだ気分が続く、というふうに、これまでと違う自分を感じるようになり、できない自分を責めるようになっていきます。これらは心身のエネルギーが低下した状態なので、生物学的な基本欲求(睡眠欲・食欲・性欲)が低下し、身体の機能や活動力が低下しているのです。

 

 うつ病治療においては早期発見と早期治療が重要な事は言うまでもありませんが、精神科を受診するには勇気がいることもあるでしょう。治療が開始されてからも様々な不安が出てきます。「休めと言われたが休み方がわからない」「何もしないでいるのは悪いことに思えるが何もできない」「周りの人からどう思われているのだろう」「薬を飲んで体に害はないのだろうか」「治っても職場に戻れるのだろうか」などなど。

 本人を見守るご家族もまた様々な不安を持つでしょう。「どう対応したらいいんだろう」「元気がないのはわかるけど何もしないでいたら余計に悪くなってしまうんじゃないか」「はやく良くなってもらわないと家計が心配」などなど。

 職場の上司の方の不安も尽きないと思われます。「心配だけれど様子を聞いたりすると悪い刺激になって悪化させてしまうんじゃないか」「いつごろ職場に戻ってこれるんだろう、戻ってきても以前と同じように仕事を任せていいんだろうか」などなど。

 

 様々な不安が伴ううつ病の治療には、ご家族や職場の方々にも治療方針を説明し共通の理解に立って治療を始めることが必要です。当クリニックの「うつ病専門外来」ではこれらの不安に対応しながら皆で協力して治療を進めていきます。回復の仕方やスピードには個人差があります。一人一人のペースにあったやり方を一緒に考えながら回復を目指しましょう。お気軽にご相談ください。

お知らせ

 2016年10月15日(土)の診察は午前中のみです

 

 

うつ病専門外来のご案内
 クリックして詳細を確認